GMO FINANCIAL GATE

社員を知る

最適なソリューションは
アタマの中で瞬時に組み立てる

経営企画部 主任

徐 文(シュ ウェン)

2016年 新卒入社

お客様のふとした表情や仕草からニーズを察知

個別の案件における営業的な業務のほか、日本市場への展開に向けた海外端末ベンダーとの折衝など、幅広い業務を担当しています。営業的な業務では、コインランドリーや駐車場の運営企業など、従来の現金決済に加えて、クレジットカード決済やQR決済といった新たな組込型決済サービスの導入を検討する企業を訪問します。そこで求められるのは、対話の中でニーズをくみ取り、お客様の反応を見ながら、その場で臨機応変に提案するサービスを絞り込むこと。お客様は自社の課題を明確に認識できていないこともあるため、ベストなソリューションを提案する瞬発的な対応力が必要なのです。

また、お客様によって必要なシステムも端末の仕様も違います。強固に理論武装したプレゼンテーション資料を作成して商談に臨むことも一つの手段ですが、相手の意向を無視した独り善がりの提案にもなりかねません。焦点がズレていたら元も子もないのです。だからこそ、キャッチボールの中で最適解を導き出すことに重きを置いています。

海外端末ベンダーと連携し、キャッシュレス化を推進

海外端末ベンダーとの関わりでは、端末の仕様を日本独自の商慣習やレギュレーションにアジャストさせることがミッションです。というのも、日本での決済処理には、諸外国にはない特殊なステータスがあります。例えば、クレジット決済の「ボーナス払い」や電子マネーの「処理未了」がそれにあたりますますが、その機能実装は日本での展開に不可欠となります。海外端末ベンダーが理解に苦しむポイントではありますが、シーケンスを書いて技術的に順序だてた説明をすることで納得してもらうのです。

現状では日本国内におけるキャッシュレス決済の比率は小さく、端末ベンダーと良好な関係を築くことで、当社がさらに存在感を高めていく余地は十分にあるといえます。さまざまな自動販売機や精算機、券売機などで、無人かつキャッシュレスでの組込型決済サービスを広めていける可能性を感じるからこそ、大きな期待とやりがいをもって業務に取り組めています。

トラブル対応で実感した仲間のありがたみ

苦い経験もあります。端末のPOS連動でトラブルが発生したんです。とても一人では対応し切れないトラブルでしたが、社内に浸透する「自責は自責。他責も自責」という考えのもと、システム部のエンジニアも総出で解決に尽力してくれました。それ以来、この仲間と一緒に頑張り続けたいと心の底から思っています。キャッシュレスで社会を便利にしたいという使命感もありますが、私の最大の原動力は、仲間の存在です。お客様と信頼関係を築き、導入につながったときの達成感を、大切な仲間と何度でも味わいたいのです。

また、当社では毎月、社長が全パートナーの前で近況や中長期的なビジョンを発表します。業績は絶好調ですが、慢心することなく次の一手を考えていることがわかりますし、数字が物語る以上に、将来に向けた安心感を覚えます。既に透明性が高く、かつ誰もが意見しやすい雰囲気ですが、現在社内では情報の一元化による情報共有の円滑化を進めており、より一層風通しのいい社風になると確信しています。
貪欲に吸収できる方なら何も心配ありません。言われたことをこなすだけでは物足りないという方にもピッタリです。不明点は何でも質問してくるような積極的な方を、ぜひ新たな仲間としてお迎えしたいですね。

経営企画部 主任

徐 文(シュ ウェン)

2016年 新卒入社

プロフィール

中国で大学を卒業後、日本の大学院では言語社会学を専攻した主任 徐。金融に関する専門知識があって入社したわけではありませんが、来日直後に通った日本語学校や大学院では、学費がクレジットカード決済できない不便さを感じたといいます。日本は先進国でありながら現金決済が主流。入社を決めた背景には、「キャッシュレスでより便利に」という実体験に基づく個人的な願望を、ビジネスソリューションとして具現化させていこうとする意欲がありました。

その他の社員インタビュー

募集職種一覧・エントリーフォームへ

採用Topへ戻る