GMO FINANCIAL GATE

社員を知る

経理の実務はオーソドックスでもシームレスに会社に貢献できる独自性がある

管理部 経理課 主任

榊原 久留美(サカキバラ クルミ)

2017年 中途入社

新鮮な"生"の数字を丁寧に調理

月次決算から四半期決算、期末決算まで、日々各部署とコミュニケーションをとりながら、ある意味アナログに経理業務を進めています。その際、端末ベンダーなどへの支払い内容や、クライアントへの請求内容に抜け・漏れがないかをチェックをしていくと、どんな取り引き先があり、どのように利益を生んでいるのかといった会社の動きを理解することもできます。また、勘定科目の仕訳を判断したり、それを手入力で進めたりする際には絶対的な注意力も不可欠。責任感をもって自分で考え、自分で手を動かしながら数字を扱う当社の経理業務は、「The 経理」だと思います。

心がけているのは、とにかくミスしないこと。経理が数字を間違えたら、その数字で会社は動いてしまいます。あわてず、落ち着いて、その都度、細かく、心配なら二重三重にチェックします。なんとなくはNG。たぶんもNG。そんなときは大体間違えているものです。

数字の奥に社会の潮流が見えてくる

経理として数字を見ていると、案件数も利益も右肩上がりであることがわかります。パートナー数も増え、会社としての体力アップも実感できます。新規の取り引きが絶え間なく動き始め、端末を導入した店舗でのキャッシュレスでの取り扱い金額が、加速度的に伸びていることもわかります。自社の財務状況だけでなく、キャッシュレス化という社会の大きな流れを肌で感じることができるんです。ときに見知らぬ専門用語や新たな法令が出てくることもありますが、その都度、営業や法務から顧問税理士や監査法人まで、社内外に確認して情報を共有してもらえる関係が築かれています。

また、必要な請求情報が届かず営業に催促すると、「経理に怒られた」と恐れられてしまうのが世間一般の経理像だと思います。ですが、当社にはそんな空気は一切ありません。とにかく風通しがよく仕事がしやすいんです。もちろん営業は外回りで多忙ですので、私としても可能な限りサポートします。私で対応できる部分は対応し、逆もまた然りです。お互いに気遣いをしながら、良好な関係で業務を進められることは、当社の大きな魅力です。

経理である前に、純粋な仲間として力になりたい

モットーは、「攻める管理部」であることです。経理は裏方というイメージも強いですが、私としては営業や開発のスタッフとともに、最前線で戦う意識で業務に臨んでいます。実際、経理だから営業にはノータッチというわけではなく、日常的に部署の垣根を越えたコミュニケーションが活発で、情報共有も盛んです。「金融」や「決済」と考えるとお堅い印象を持たれがちですが、当社は極めてパートナーの仲が良く、和気あいあいとした雰囲気。この強固な一体感の中で、私はもっともっと頼られる存在になりたいのです。

もちろん経理だからこそ貢献できることがあります。ただ、極端な話をすれば、私にできることであれば、経理という枠にとらわれることなく、どんな貢献方法でもいいと思っています。私自身、みんなががんばるから、自分もがんばろうと思えますし、そうやってがんばれるからこそ成長できるのだと思います。また、誰かのがんばりもわかりますし、誰かの苦労もわかります。「経理の仕事はここまで」と壁をつくるのではなく、会社というチームの一員として、会社のために、チームのみんなのために、これからも全力で役割を果たしていく覚悟です。

管理部 経理課 主任

榊原 久留美(サカキバラ クルミ)

2017年 中途入社

プロフィール

数字から会社の動きを把握できる点を魅力に感じ、商社での経理職から転職してきた主任 榊原。ただ、学生時代は文学部。日商簿記3級の資格は社会人になって取得したものです。前職では、経理業務の多くがシステム化され、必要な数字の入力は各部署マター。効率的だった一方で、独自のルールによる縛りも多く、「数字をつくる」という経理本来の業務を求めて当社に入社しました。

その他の社員インタビュー

募集職種一覧・エントリーフォームへ

採用Topへ戻る